スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淀川長治さんが語るディートリッヒ

 『ディートリッヒ 生きた愛した永遠に』に青山航士さん出演、ということで、元映画オタクはやっぱり淀川長治さんがディートリッヒについて書いたものを読み返さずにはいられません。
 ヒットラーが出る前のドイツはとても華やかだったそうです。青山さんの出演作『グランドホテル』が1928年のベルリンを舞台にしていましたので、あの絢爛豪華さを思い出すとイメージがわきますね。
 1901年、軍人の娘として生まれたディートリッヒは、そんな洗練されたモダンアートの雰囲気を身につけてアメリカへ移って行きました。
 1930年の映画『嘆きの天使』で蠱惑的な美貌と美しい脚が話題をさらい、一躍スターとなり、権力を集めていたヒットラーの目にもとまります。ヒットラーは彼女がお気に入りで口説いたこともあるそうですが、ディートリッヒはナチスを嫌悪していたので強く拒否、「殺す」と脅されても屈することなく、アメリカの市民権をとり、ヨーロッパでドイツと戦うアメリカ兵士の慰問を続けたそうです。
 その間、実際にディートリッヒ暗殺が企てられ、間一髪で魔手から逃れることが出来たそうですが、その後も「反ナチス」を公言し、立場を変えることなく終戦を迎えました。並大抵の精神力ではありませんね。

 来日の際には、そんな壮絶な経験をした大女優が日本に来る、というので皆どんなに怖い人が来るのかと神経をとがらせていたそうなんですが、実際のディートリッヒは淀川さんいわく「もう何とも知れん可愛い、優しい、粋な、粋な人」だったそうです。
 ナチスを生んだドイツが大嫌いで、長いアメリカ暮らしで英語が上手な彼女に、ある男性がドイツ語でぺらぺらと話しかけてきたときにも、気分を害したのではと心配していたら、淀川さんにウインクして「あの方、ちょっと入りすぎていますわね、お神酒が・・・」と言ったのだそうです。映画とはまた違った「銀座の本当に一流のいいマダム」みたいな「粋な捌けた感じ」だったそうですが、ディートリッヒにウインクされたりしたら誰だって魔法をかけられたみたいになってしまうでしょうね。
 "NEW YOKA 2007 Rockin' Broadway"の時、共演者の方のブログで「和央さんは可愛い」というコメントを何度か拝見しましたが、スポットライトがOFFになったときの素顔の可愛さがディートリッヒとシンクロしそうです。

 淀川さんは知る人ぞ知る熱烈なダンスファンでもあり、吉田都さんが特別出演されるこのディートリッヒの物語は、生きておられたら絶対ご覧になっただろうと思います。・・・淀川さんに青山さんのダンス、見てほしかったですね。それだけが悔やまれます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

淀川さんも自分流♪

当時のベルリン。
世界恐慌の前まではで、富める者と貧困の格差も感じさせない、華やかなベルリンだったのだろうと思います。。

1929年のアメリカから始まった世界恐慌がヨーロッパへ日本へ!!。
この波が、富める者にすり寄り生き残りをかけて、貧富の差をとてつもなく大きくしていったのだと思います。

そんな中で、自分流を貫いたデートリッヒ。
「キャバレー」も見ているので、この時代を今回どう描くのか、楽しみです ^^@。

この「デートリッヒの制作発表会」に参加された「オケピ」チケット救済サイトの管理人さんの口からも
「ぜひ見たい作品だ!!」とコメントがありました。。
この人の眼も確かなので。


おはようございます

>庸子さん
20年代のベルリンの華やかさは、私なんかが思っていた
ヨーロッパの往時を想わせるような、というより当時の近代都市、
たとえば今のニューヨークのような感じだったようです。

『嘆きの天使』の監督の弟子が残した著書には
ディートリヒの生まれた1901年のベルリンのにぎわいと
まだ開発され始めたばかりのロスアンゼルスの様子がつづられています。
このドイツの女優が大恐慌の波にも呑まれることなく
ヨーロッパの華をアメリカにもたらし、強い意志で激動の時代を生きた、
ということ自体がドラマであり、存在そのものが女優なんだなあ、と思いました。

頭の中は"CHICAGO"と一緒になってオーバーヒート気味ですが、
必ずいい作品になる!という気がしますよね。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
Links
青山航士さんご本人ブログ


青山航士さん所属事務所


パソコン版公式ファンサイト
only one
お友達ブログ
☆青山航士さんを囲む☆おしゃべり広場
観劇歴の長いゴージャスようこさんが青山ファンのおしゃべりスペースを作ってくださいました。皆さん是非お立ち寄りください。

わし的パイプのけむり
『うたっておどろんぱ!』再放送をご縁にお邪魔しています。管理人テルテルさんのプロ顔負けの写真の数々、是非ご覧ください。

ダンサー青山航士さんを想って
みんちゃん さんの書く青山さんファンブログ。『うたっておどろんぱ!』時代の懐かしい話題もいっぱいです。

大雪 切々と語る
青山さんファンの管理人・大雪さんの文章が面白いんです♪ ファン心理の描写は思わずうなづいてしまう人も多いのでは。

さっちゃんのまあそんな感じの日々
いつも管理人が見逃す貴重な情報を寄せてくれるさっちゃん さんのブログ。宝塚にもとっても詳しいんで す。

haruのブログ HARERUYA!!
デコアートは「先生」級のharuさん。おどろんぱ時代からの筋金入り青山さんファンです。遠距離サークル活動、これからも楽しみましょう♪
クリック募金
1クリックで1円募金。覗いてみてください。
クリックで救える命がある。
only one 携帯版 QRコード
携帯端末の多様化に伴い、どなたにも見て頂けるよう携帯サイトはBASIC版に一本化しました。。表示が乱れるときはご相談ください♪
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

only one

Author:only one
青山航士さん最新情報の発信とファンの皆さんの交流の場・only one informationへようこそ!。
ご意見・ご要望また観劇レポートは下記アドレスまで。
ka_support@koji-aoyama.com
独自ドメインのため、お使いの機器の受信設定により返送・遅配されることがあります。お返事は必ず差し上げていますので、返信のない場合はお手数ですがブログのコメント欄の「管理人のみ閲覧可」設定からご連絡ください。Thank you!!

最新トラックバック
検索フォーム
青山航士さんに関するご案内メールの請求は
青山さん所属事務所の(株)エフ・スピリット様より、公演・イベント・DVDなどの情報が配信されます。
お名前明記のうえ、下記アドレスまで送信してください。
『SHOW店街組曲』(2007)
主演:
中山秀征さん・真琴つばささん
作・構成・演出:
すがのこうめいさん
青山航士さんが八百屋さんの「コウジ」と謎のダンサーXの二役を演じています。
このブログのQRコードです
QR
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。